記事リスト

印刷物の分類

インク

印刷物の作成目的と作成方法

印刷物には色々な分類の仕方があります。印刷方法や使用目的、印刷物の使用目的などによって分類の仕方が異なります。印刷物の目的と材料に注目して考えてみます。まず、大きくチラシ印刷とビラ印刷とフライヤー印刷に分類する方法があります。チラシ印刷は、語源が、散らすだと言われます。つまり街頭などで配ることが前提となっています。具体的には、安売りの案内、店舗開店、宅配業者の案内だけでなく新聞折込にも利用されます。という形で配布されることが多く、特定の地域に限定してチラシを配布することができます。 格安で作成することができるので、個人経営のお店から全国チェーンの大型スーパーまで様々な企業がチラシを活用しています。一枚の印刷で、用紙は薄く、大きさA4が主なものです。飲食店などにイベントを行うとき店舗付近で配布するものなどをイメージすると分かり易いでしょう。ビラ印刷は、びらびらが語源だと言われます。単色刷りで薄い用紙を使用します。大きさはチラシと同様でA4程度の大きさが多いようです。比較的安価です。イメージとしては街頭の政治演説などの使われる場合などです。チラシ印刷と似たものと言えます。チラシ印刷やビラ印刷と一線を画しているのがフライヤー印刷です。フライヤー印刷は、その語源がフライ、つまり飛行機やヘリコプターであると言われます。一昔前、ヘリコプターで空から印刷物を撒いていたことが記憶にある方がおられるでしょう。子どもが夢中になってフライヤーを集めたものです。しかし、子どもの事故防止の観点からフライヤー印刷の配布が禁止されました。大きな特色は印刷に使う用紙の大きさが小さいのですが、厚さがあることです。

Copyright© 2019 常に最新の環境を整備しているので安心です All Rights Reserved.